米カリフォルニア州、携帯電話のリサイクル義務付け

 米カリフォルニア州は7月1日、州レベルでは初めてとなる「携帯電話機リサイクル法」を施行する。家電小売店など携帯電話機の販売店に、顧客に売った電話機を回収し、再利用・再資源化するための仕組みの導入を義務付ける。

 具体的には、宣伝チラシや店頭ポスターで回収の仕組みを消費者に告知、説明するなどの情報提供が中心。費用は販売店が負担し消費者には直接、求めない。回収率を上げるため、電話機メーカーや非営利組織(NPO)との協力の必要性にも言及している(2006.7.2/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-07-02 06:30 | 周辺機器  

<< 「メモリ」大容量化 用途拡大 中小企業向けパソコン・ネットワ... >>