“Nike対応”のiTunes最新版がリリース

アップルコンピュータは6月30日、ライブラリーソフト「iTunes」の最新版「6.0.5」の提供を開始した。対応OSはWindows 2000/XPおよびMac OS 10.2.8以降。

 最新版はiPodとNikeのスポーツウェアを連動させる「Nike+iPod」の製品「Nike+iPod Sport Kit」に対応する。Nike+iPod Sport Kitはセンサー内蔵スポーツギアとiPodを無線接続することで走行時間や距離、消費カロリーといった情報をiPodの画面に表示し、iPodに保存できる。

 iTunes 6.0.5はiPodとの同期時に、保存された各種データを取り込むことが可能となっており、データを「Nike+iPod」のサイトと連携させることで、経過を確認したりほかのユーザーと競争することもできるようになる。

 なお、6.0.4以前のiTunesについてはAACファイルの解析部分に整数オーバーフローの脆弱性が存在するため、脆弱性を悪用されるとiTunesが停止したり、任意のコードを実行される恐れがあることが明らかにされており、同社では6.0.5へのアップグレードを呼びかけている。



(2006.6.30/+D LifeStyle)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-30 18:20 | 周辺機器  

<< ATOK日本語テスト第2弾 “... マイクロソフト、「Office... >>