<ブロードバンド>ゼロ地域世帯比率、ワースト1位は鹿児島



 総務省は27日、インターネットのブロードバンド(高速大容量)サービスの都道府県別世帯普及率(今年3月末時点)調査結果を発表した。
 同サービスを受けられない「ブロードバンド・ゼロ地域」の世帯比率は、鹿児島が23.8%でワースト1位。以下、岩手(22.2%)、高知(19.5%)、秋田(17.3%)、新潟(15.3%)と続いた。鹿児島や新潟の離島を中心とした全国39市町村では、市町村がまるごと「ブロードバンド・ゼロ地域」だった。
 一方、「ゼロ地域」世帯が少ないブロードバンド先進地域ベスト5は、大阪(0.1%)、富山(0.2%)、東京(0.3%)、三重(0.4%)、神奈川(1.0%)だった。
 政府が目標とする2010年度までに全国ベースでの「ブロードバンド・ゼロ地域解消」の達成には、民間事業者では採算が合わない山間部や離島対策が課題。総務省は国や都道府県、通信事業者が連携し、地域ごとの詳細な整備計画(ロードマップ)を策定する方針だ。【森有正】
(2006.6.28/毎日新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-28 15:56 | PC  

<< ソニー、16GBフラッシュ搭載... 米国版“どこでもTV”「Sli... >>