米国版“どこでもTV”「Slingbox」、日本上陸




「Slingbox」。価格はオープンプライスだが、店頭では3万円を切る程度になる見込みだ。クライアントソフトはWindows版が付属する。動作環境はPentium 4/1GHz以上、メモリ256Mバイト以上。そして通信速度が上り256Kbps以上 写真:ITmedia
 
 アイ・オー・データ機器と伊藤忠商事は6月23日、米Sling Media「Slingbox」を国内販売すると発表した。Slingboxは、インターネットを介して自宅のテレビやビデオを外出先で見ることができる“どこでもTV”。伊藤忠商事が日本総代理店となり、アイ・オー・データ機器は販売とアフターサポートを担当する。

 既に米国版のレビューを掲載しているが、国内販売にあたりローカライズと製品のブラッシュアップが行われた。マニュアルやクライアントソフトの日本語化はもちろん、IRコントローラを使って外部接続機器を遠隔操作する、いわゆるAVマウス機能もブラッシュアップ。プリセットするリモコンコードを国内家電メーカーのDVDレコーダー中心に揃えた。

 また、アイ・オー・データ機器との契約に伴い、同社の「AVeL LinkPlayer」をサポートした。同社の場合、LinkPlayer付属のリモコンを忠実に再現したフル機能のソフトウェアリモコンを利用可能だ。製品発売時のIRコントロール対応機器は下記の通り。

メーカー   型番
東芝   RD-XD71D/91D、AK-V100
松下電器産業   DMR-73V-S/75V-S、DMR-EX100-S/EX150、DMR-EH53-S/EH66
シャープ   DV-TR11、DV-AR11/12
パイオニア   DVR-530H/540H
ソニー   RDZ-D50/D70、RDR-VH85、RDR-HX65
日立製作所   DV-DH500W/160W
日本ビクター   DR-MV5
三菱電機   DVR-HS315
アイ・オー・データ機器   AVLP2/DVDシリーズ、AV-LS300DW/LS300D
 
 なお、米国で既に販売(30ドル)されているWindows Mobile用クライアントソフトの国内販売や、Mac OS X用ソフトの開発も予定している。「Mac版は年内には提供する予定だ」(伊藤忠商事)。


(2006.6.26/+D LifeStyle)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-26 14:20 | 周辺機器  

<< <ブロードバンド>ゼロ地域世帯... 応募で当たる、もらえる──90... >>