携帯電話の乗り換え希望先、KDDIがトップ=調査

三菱総合研究所(東京都千代田区)とNTTレゾナント(東京都千代田区)が10万人を対象に実施した携帯電話の「番号ポータビリティサービス利用意向」調査によると、乗り換えを検討しているユーザーの半数以上が変更先としてKDDI<9433.T>を希望していることが分かった。
 今秋導入される携帯電話の番号ポータビリティ制について「ぜひ変更したい」、「どちらかといえば変更したい」と回答したのは全体の29.7%。そのうち58%が変更予定先としてKDDIを挙げた。NTTドコモ<9437.T>は22.1%、ボーダフォンは18.9%だった。
 番号ポータビリティ制自体を認知している人は全体の7割以上にのぼった。
(2006.6.23/ロイター)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-23 10:21 | 周辺機器  

<< Opera最新版にDoS攻撃の脆弱性 いよいよ登場したHD DVDレ... >>