KDDI、auの無料通話分を「無期限くりこし」



 KDDIは6月22日、月額基本料金にセットされている無料通信分の余りをずっと繰り越しできる「無期限くりこし」を導入すると発表した。

 同社は1月17日に、「3カ月くりこし」を8月1日から導入すると発表していたが、3カ月を無期限に変更する。8月分の料金から利用可能になる。

 繰り越せる金額には料金プランごとに上限が設定されており、上限額を超えた分は無効になる。なお「家族割」を契約しているユーザーの場合、無期限に繰り越せる「くりこし」コースと、従来どおり余った無料通話分をその月のうちに家族間で分け合える「家族分け合い」コースが回線単位で選択できる。すでに家族割を契約しているユーザーで「くりこし」コースを利用したい場合は、7月3日以降にEZwebでの事前申し込み手続きが必要だ。

料金プラン毎の繰り越し可能な上限額は以下の通り。

・CDMA 1X WIN
料金プラン   繰り越し上限額
プランSS   5250円
プランS   1万0500円
プランM   1万5750円
プランL   2万1000円
プランLL   3万7800円
コミコミデイタイムWIN   1万6800円

・CDMA 1X(関東・中部)
料金プラン   繰り越し上限額
コミコミOneライト   2100円
コミコミOneエコノミー   6300円
コミコミOneスタンダード   1万4700円
コミコミOneビジネス   2万7300円
コミコミOneファースト   3万7800円
コミコミOneオフタイム   6300円
コミコミデイタイム   1万6800円
※コミコミOneファーストは受付終了

・CDMA 1X(関東・中部以外)
料金プラン   繰り越し上限額
コミコミコールS   5250円
コミコミコールL   9450円
コミコミコールジャンボ   1万2600円
コミコミコールスーパー   2万8350円
コミコミデイタイム   1万6800円

 なお無料通話分がない料金プランと「ガク割」「スマイルハート割」「シングルサービス」については無期限くりこしの適用はない。

(2006.6.22/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-22 17:53 | 周辺機器  

<< ノキアとの合弁会社白紙に 三洋... 世界の娯楽・メディア市場規模、... >>