東芝、耐衝撃・防水性を高めた企業向けノートパソコン発売



 東芝は14日、耐衝撃性や耐水性を高めた企業向けノートパソコン「ダイナブックサテライトKシリーズ」など2機種を22日から順次発売すると発表した。プリント回路基板の改良に加え、液晶パネルの外周部をスチールフレームで補強。液晶カバー部材の変更でたわみを従来の半分に抑えるなどして強度を高めた。価格は17万4300―24万9900円。

 新製品は15・4型のワイド液晶を搭載。おもに米インテルのデュアルコアCPUを採用し、基本性能を高めた。プリント回路基板を単板化し、基板同士の接続部のトラブルを防止。反りを半分に抑えた基板を用い、ハンダ接合の安定性を確保した。ドイツの認証機関による70センチメートル落下テスト、水100cc浸水テストを受け、動作不良が起きないことを確認している。

(2006.6.17/日刊工業新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-17 19:35 | PC  

<< iPod ブラック・ホワイト決... デル日本法人、営業部隊中心に4... >>