MySpaceビジターが5000万突破、YouTubeはアクセス倍増



 comScore Media Metrixが6月15日発表したインターネット利用統計によると、米国で5月にソーシャルネットワーキングサイト(SNS)のMySpaceを訪れたユーザーが5000万人を突破した。ビデオ共有サイトYouTubeも人気が急上昇、ビジターは前月比ほぼ2倍の1260万人に達している。

 この統計では米国の家庭、職場、大学からのアクセスを集計している。SNSのユニークビジター数はMySpaceが断然トップで5140万。2位以下はClassmates(1470万)、Facebook(1400万)に続いてYouTube(1260万)が4位、MicrosoftのMSN Spaces(950万)が5位。次いでXanga.com(710万)、flickr(510万)、Yahoo! 360°(490万)、LiveJournal.com(390万)、myYearbook(300万)の順となっている。

 スポーツではFIFAワールドカップの開催を控え、公式サイトのfifaworldcup.yahoo.comの5月のビジターが78万8000人と、前月に比べて倍増した。6月9日のワールドカップ開幕日は、世界中から500万人以上のユニークビジターが同サイトにアクセス。その後も人気は続き、11日までの平均ビジター数は1日440万に上っている。

 5月はNBAのプレイオフも注目を集め、NBA Internet Networkのビジターは630万と、4月に比べて24%増加した。

(2006.6.16/ITmediaニュース)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-16 18:53 | インターネット総合  

<< 米HP、日本でサーバー生産──... au、ワンセグ対応の「W33S... >>