ソニー、Blu-ray搭載ノート「Type A」の発売日を前倒し



 ソニーは16日、17型ワイド液晶搭載ノート「VAIO Type A VGN-AR50B」の発売日を、当初予定の7月8日から7月1日に繰り上げると発表した。

 同時に、オーナーメードモデル(BTO)の「VGN-AR90PS/同90S」の受注開始日を6月下旬から6月16日に、「VGN-AR80PS/同80S」の受注開始日を7月上旬から同6月16日に変更し、13時より受注が開始されている。

 また、VGN-AR90PS/同90SとVGN-AR80PS/同80Sの最小構成価格が、前者は2万円、後者は3万円引き下げられ、順に264,800円、254,800円、204,800円、194,800円になった。店頭販売モデルの「VGN-AR70B」とVGN-AR50Bの価格に変更はない。

 VGN-AR70BはノートPCとして初めて、光学ドライブにBlu-ray Disc(BD)ドライブを搭載。BD作成ソフト「Ulead BD DiskRecorder for VAIO」、再生ソフト「WinDVD BD for VAIO」が添付され、BDへ編集や保存、BD-ROM鑑賞が可能。転送速度はBD-ROMが1.6倍速、BD-R/REが等速。DVD-RAM/±R/RW、CD-R/RWの書き込みも可能。VGN-AR50Bはその下位モデルで、BDドライブの代わりに±R DL対応DVDスーパーマルチドライブを搭載する。

 オーナーメードモデルは、液晶とOSの組み合わせで4つのベースモデルが用意され、それぞれBTOに対応してCPU/HDD/メモリを変更可能。またAR90シリーズでは地上デジタルTVチューナの搭載も可能。
(2006.6.16/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-16 18:51 | PC  

<< グーグルCEOのシュミット氏、... 「livedoor オークショ... >>