「livedoor オークション」一時閉鎖へ、6月26日に出品機能を停止



 ライブドアは、オークションサイト「livedoor オークション」を一時閉鎖する。まず6月26日15時に、出品機能を停止するとともに再出品機能を削除する。追って7月7日15時に入札・落札機能を停止、8月7日15時にマイページ機能とカスタマーサポートを全面閉鎖する。

 これは6月7日付で告知されたもので、サイト上の各ページにおいて「オークションより重要なお知らせ」としてリンクされている。ライブドアでは、一時閉鎖の理由ついて「システム変更等の理由により」と説明しているが、再開時期については特に明記していない。なお、7月7日までは引き続き入札・落札は行なえる。

 livedoor オークションは2004年2月、livedoor IDを所有していれば無料で利用できるオークションサイトとしてスタートした。サービス開始にあたっては、堀江貴文元社長が私物の冷蔵庫やオーディオ、テレビなどを開始価格1円で出品するコーナーなどが設けられて話題を呼んだ。



(2006.6.16/impress Watch)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-16 18:50 | インターネット総合  

<< ソニー、Blu-ray搭載ノー... 松下初のレンズ交換式デジ一眼、... >>