「小泉メルマガ」5周年 160万部を維持



 小泉内閣が毎週木曜日に配信する「メールマガジン」が14日、創刊5周年を迎えた。就任直後の圧倒的な人気から、ピーク時の2002年1月には約227万件の登録があった。小泉純一郎首相は15日配信の5周年記念号で「依然として160万部出ているのだから大したものだ。皆さんのおかげです」と感謝した。
 安倍晋三官房長官は14日の記者会見で「小泉内閣と国民の積極的な対話という発刊当時の目的を果たしてきた」と強調した。
 記念号では、官房副長官として初代編集長だった安倍氏が当時の編集作業などを回想。首相の連載記事『らいおんはーと』について「仕事を離れた首相の人物像を知ってもらう企画だったが、生の首相の言葉が伝わった」と自賛した。このほか作家の村上龍氏の特別寄稿文が掲載されている。
(2006.6.15/共同通信)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-15 12:16 | インターネット総合  

<< 団塊世代が創り出す“サードウェーブ” パソコンの情報漏洩対策、13社... >>