パソコンの情報漏洩対策、13社・団体が新技術開発へ

 日立製作所と富士通、NECなど情報システム関連企業が共同で、ハッカーやウイルスからパソコンを守る新技術など、システムの安全性や信頼性向上を狙った研究開発に乗り出す。このほど13社・団体で構成する企業連合を発足。政府が推進する行動計画「セキュアジャパン2006」と連携し、新たに開発するシステム基盤ソフトなどの利用を促す。

 発足したのは「セキュアIT基盤開発推進コンソーシアム」(会長・加藤和彦筑波大大学院教授)。理事会社として富士通などのほかNTTデータ、ターボリナックス、日本高信頼システム(東京・文京)、ミラクルリナックス(東京・港)の7社が、会員企業として三菱電機と電子情報技術産業協会(JEITA)などが参加する。(2006.6.15/日本経済新聞)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-15 09:56 | インターネット総合  

<< 「小泉メルマガ」5周年 160... 東芝、70cmの落下に耐えるビ... >>