20代にアピールするには“バイク”より“ロボット”?――「G'zOne W42CA」の裏コンセプト


 
 2005年の夏、カシオ計算機製のタフネス携帯として4年ぶりに復活したのが「G'zOne TYPE-R」だった。この端末は、復活を待ち望んでいたユーザーから熱烈な歓迎を受けたが、一方でこんな声も挙がっていた。「これがWINだったら」──。



 G'zOne TYPE-Rの発表から1年、そんなユーザーの期待に応える形で登場したのが「G'zOne W42CA」だ。この端末の開発コンセプトについて、カシオ計算機第四デザイン室室長の井戸透記氏と杉岡忍氏に聞いた。

●G'zOne Type-Rは20代よりも30代、40代に支持された

 G'zOne W42CAのコンセプトは、“G'zOne+WIN”に集約される。最新スペックをキャッチアップしたタフネス携帯へと進化し、他キャリアにはない圧倒的な存在感を持った端末に仕上がった。

 もちろん、前作のG'zOne Type-Rもそのインパクトは強かった。「G'zOne」ブランドの復活と個性的なデザインが、話題をさらったのは記憶に新しい。しかし、前モデルのユーザー層は、カシオ側の企画意図に反して10代の若年層が顕著に少なかったという。「10代の若年層はWIN志向が強い傾向があり、それがType-Rの見方につながったのではないか」と井戸氏。WIN対応となったG'zOne W42CAでは、Type-Rで獲得できなかったユーザー層にもアピールできるのではないかと開発陣は見ている。

 Type-Rが若年層よりも30代、40代にヒットしたというのも興味深い。これは、“Racing”というキーワードやオートバイの造形エッセンスをちりばめたデザインが(30代、40代に)響いたのかもしれないと井戸氏は分析する。「最近の若い方はあまりバイクに乗らない。スクーターだったりしますよね。スポーツといってもバイク寄りになってしまうと、若年層には“自分たちのテイストではないな”というのがあったようですね。そういう意味で、WINじゃなかったから若い層よりも30代、40代に受け入れられたという点と、もう1つデザイン面があったのかな、という印象です」(井戸氏)。

 こうした20代は「ロボット」世代なのではないかと考えたデザインチームは、そのテイストをG'zOne W42CAに盛り込んだ。「ロボットアニメやCGの世界に日常的に触れている若年層にも受け入れられるよう、そのテイストをあえて取り入れた」(井戸氏)。G'zOne W42CAのデザインテーマとして「未来的」「ロボット」「最先端技術」を選んだのは、こんな理由からだという。

●“防水”は特殊な機能ではないはず

 オートバイの燃料タンクをイメージしたフォルム、ブレーキローターをイメージした十字キーなど、明確なデザインモチーフがあったType-Rに比べて、G'zOne W42CAはコンセプト色が弱くなったと見る向きもあるようだ。G'zOne TYPE-Rに比べて“普通のケータイに近いデザインになった”という声もちらほら聞こえてくる。

 デザインチームによれば、G'zOne W42CAとG'zOne Type-Rでは、デザインに対するアプローチの方向性がまったく異なるという。Type-Rでは、携帯の進化の中で忘れられていたG'zOneを4年ぶりに復活させるためのシナリオ作りが重要だったといい、デザインセンターが独自に温めていたデザインをベースに、そこに組み込むことが可能なスペックを入れ込んでいくという手法をとった。

 一方のG'zOne W42CAでは、前モデルに欠けていた「WIN化」「メモリーカードスロット搭載」という、イマドキのWIN端末に求められるスペックを満たすことが優先され、そこにG'zOneシリーズの特徴となる防水やタフネスを組み入れるというアプローチだった、と井戸氏は振り返る。「スペックを優先させたことから、W41CAに比べてサイズが大型化しているが、このサイズをG'zOneというデザインに置き換え、消化した結果生まれたのが、G'zOne W42CA」(井戸氏)

 もともとカシオ開発陣にとって“防水携帯”は、決して特殊なアウトドア端末ではなく、モバイル端末として当たり前の機能になることを目指しているのだという。W41CAが防水であればいうことはないが、まだ技術的にはそこまで達していない。“防水携帯”をより広めていくための復活のシナリオとして、4年ぶりに登場したG'zOne Type-Rがあり、その次のモデルとして最新のWIN端末に必要な装備をきちんと盛り込んだG'zOne W42CAがある──というわけだ。

 カシオが考えるG'zOne W42CAの役割は“防水携帯G'zOneの一般化”であり、Type-Rのような個性の強いものよりも、より多くのユーザーに受け入れられる形に仕上げることを優先したといえる。「多くの方がお風呂でWebを見るといった使い方を想定して作っていきたい。だから、今回のG'zOne W42CAは次のG'zOne、防水端末を作るとすればその橋渡し、変化していくための一過程だと考えていただければいいと思います」(井戸氏)という。

 G'zOne=「タフネスケータイ」「G-SHOCKケータイ」というイメージを持っているユーザーは、このアプローチにやや面食らうかもしれない。しかし、当初はアウトドアを象徴したG-SHOCKにも、今ではさまざまなバリエーションがあるように、「G'zOneというブランドも、防水性能やこだわりのあるものづくりをしているブランドとして変化し始めていると思っている」(井戸氏)という。「今後もG'zOneブランドを冠する端末が登場するかどうかは分からないが、G'zOne自体も進化していくと捉えてもらって構わない」(同)。



(2006.6.14/+D Mobile)
[PR]

by fbitnews2006-6 | 2006-06-14 14:05 | 周辺機器  

<< MS月例パッチ、IEやWord... シックス・アパート、ブログソフ... >>